インプラント前の確認事項Confirmation

基本的には、あごの骨の量が十分にあり、状態がよければインプラント治療は可能です。
しかし、糖尿病などの全身疾患がある方で、外科的な治療を受けることが難しい場合には、
内科の主治医にインプラント治療が可能かどうか相談する必要があります。

全身疾患の持病がある方

全身疾患により外科手術を受けることができない方は、
インプラント治療ができない可能性があります。

糖尿病

血糖値が安定している方は、インプラント可能です。主治医にご相談ください。

心臓病 麻酔を使うことができない方は、インプラント手術ができません。主治医にご相談ください。
肝臓疾患 肝臓の持病があると、止血異常(血が止まりにくい傾向)が見られます。
高血圧症 高血圧の方も止血異常が見られることがあります。
その他 免疫疾患のある方や手術に耐えられない方など。

未成年の方

未成年 

未成年の方は、骨が成長段階にあるので
インプラント治療をすぐに行うことはできません。

未成年の方で歯を失ってしまった場合は、仮歯や部分入れ歯で欠損を補い、骨の成長が止まったらインプラント治療を開始します。

なお、年齢の上限は特にありません。

歯周病のある方

歯周病は、歯周組織が破壊されていく病気です。
歯周病の治療を行い、歯周組織の状態が改善されればインプラント治療が可能です。
また、インプラント治療後もプラークコントロールに十分注意する必要があります。


やじるし1 インプラント治療の流れへ インプラントトップ インプラント手術へ やじるし2

Copyright Since 2008 takano All rights reserved.