歯科医院スタッフブログ

気を付けて!子供の熱中症対策の飲料水

みなさんこんにちは、福岡県飯塚市タカノ歯科医院歯科衛生士の古澤です。

今年は梅雨明けが早く、連日の猛暑で体調を崩したり、

ニュースで毎日のように小学生が体育の時間に熱中症になり病院に運ばれたと伝えています。

熱中症対策には水分補給が大切ですよね

しかし、その水分補給の飲料水が虫歯の原因になってしまう可能性があるかもしれません!

夏に向けて冷たい飲み物や、アイスを多く取りがちですが歯の健康のためには、十分気を付ける必要があります。

スポーツをされる、お子さんは運動の合間の水分補給にスポーツ飲料を飲まれると思いますが、

長時間飲み続けていると、虫歯の原因になってしまうのです!

スポーツ飲料には、電解質や糖分を補給してくれるので、スポーツ時の水分補給には最適ですが、

スポーツ飲料に含まれる、酸がエナメル質を溶かして薄くし虫歯を防御する力が弱くなり虫歯になってしまうのです。

スポーツ飲料の酸性度はpH3.5で、

エナメル質を溶かしてしまうpH5.5を大きく上回っているのです。

 

 

 

 

ダラダラ長時間飲んでいると、エナメル質を溶かし、成分に含まれる糖分を虫歯菌が食べて酸を出し、虫歯を作ってしまいます。

 

しかし、ここまでのお話では、スポーツ飲料は良くない飲み物と誤解を招きそうなのですが、決してそうではありません。

虫歯になるからと言って、長時間の運動中や屋外での運動中に水やお茶だけを飲んでいると、電解質不足になり

頭がボーっとして意識が無くなったり、痙攣を起こしてしまうことがあります。

 

 

 

 

スポーツ飲料には、発汗で失われるナトリウムイオンやカリウムイオンといった電解質や

マグネシウム、カルシウムなどのミネラル、エネルギー源となる糖分やアミノ酸やクエン酸などが含まれているので、

運動中の水分補給や熱中症対策にはなくてはならない飲み物です。

 

そこで、虫歯にならずに水分補給をするには、スポーツ飲料を飲んだら、

その後、お水かお茶を飲んで、口の中の酸性度が低くなり、虫歯予防になります。

これから、夏本番スポーツ飲料や炭酸飲料水やアイスやカキ氷と子供だけでなく大人も多く取りがちです!

気づかないうちに飲料水による虫歯が進行していることもあります。

痛みが無くても定期的に歯科医院で虫歯のチェックをしてもらう事も大切です。

もうすぐ夏休み!

この機会に、お子様の虫歯チェックはいかがでしょうか。

成長期の子供の口腔内は、虫歯や歯並び等保護者の方がわからないこともあります。

定期的にご来院いただき、虫歯の早期発見、不正咬合の確認、口腔内クリーニングやフッ素塗布を行い、

乳歯から永久歯に生え変わる大切な時期に、

お子様に健康できれいな歯並びでいただく為に当医院では、キッズクラブを開設致しました。

詳しくは、スタッフにお気軽にご相談ください。

これから、まだまだ暑い日が続きます、水分補給は、体に大切ですが、お口の中でも大切なことです!

こまめに水分補給を行い熱中症対策万全で夏を乗り切りましょう!!

 

 

Clinic Information

診療時間
8:30~13:00
14:00~17:30
営業時間
○…月火金土 8:30~13:00/14:00~17:30
□…水 曜  7:30~13:00/14:00~16:30
休…休 診  木曜日・日祝祭日
※祝日のある週の木曜日は診察いたします。
※最終受付時間は17:00です。
※診療は予約制です。
タカノ歯科医院
〒820-0081 福岡県飯塚市枝国464-27
最寄バス停:イオン穂波ショッピングセンター前
駐車場11台